書皮1
「凜」の古布カバー。左は鹿の子絞りで裏地も牡丹とステキです。しっかりした作りで、トンボ玉しおりやアジア結びなどデコラティブ。

 
手作りひなやさんのカバー。はなやかな縮緬で裏が緋色というのもいい。右のは小紋風でしぶいです。裏地がしっかりと厚みがあるので型が崩れにくい。
Mignonさんの西陣織カバー紫苑。地味だが実は豪華。しおりがついてないのと、本の厚みの調節ができにくいのがちょっと難点。
ご近所の和雑貨屋さんで購入。表も裏もしぶい色調で気に入っています。ちょっと薄地なのが、普段使いにいい。
彦根更紗を復元したもの。東京国立博物館で買いました。少々お高い。
麻の店、遊中川の麻のカバー。革のしおりがついていて猫に好評。最近のは裏地がついて、スムースに出し入れできるようになった。
Mignonさんの西陣織カバー紫苑。地味だが実は豪華。しおりがついてないのと、本の厚みの調節ができにくいのがちょっと難点。
チェコの作家カレル・チャペックの兄、ヨゼフ・チャペックのデザイン。スタイリッシュ。
ウールフェルトの赤がかわいい。熊のしおりをポケットに入れます。
気音間の金魚玉の手ぬぐい地のブックカバー。夏向き。
井上企画幡の古布ブックカバー。
伊勢内宮前のもめんや藍の松阪木綿の縞柄。シックです。
文房具ミドリのブックカバーも愛用しています。