はや里うた


武兵衛さんは野河流の地歌三味線を愛し、作詞・作曲もしました。大坂の素人の三味線仲間の内ではちょいと名のしれた存在だったようです。三味線仲間では、番付を自費出版したり、正月やその他のお祝いごとには、色刷りの歌刷物を自費出版してやりとりする風習がありました。

また武兵衛さんは大坂のはやりうた(流行歌)を書き留めた留書を残しています。そのなかにはバカバカしいのやかなり卑猥なのもありますが、唄には人間の真実が含まれていると考えていたようです。留書から、おもしろい流行歌をご紹介していきましょう。