home>武兵衛さんの大坂>ある日の武兵衛 BACK
ある日の武兵衛
平野屋武兵衛 年譜
武兵衛の記録から

1801享和1

中屋与兵衛、下津井から大坂に移住し、今橋2丁目の本両替、平野屋孫兵衛に奉公し、平野屋武兵衛と改名。妻たかとの間に、清二郎が生まれる。

1809文化6

父武兵衛、火事からの類焼をふせぎ、本家から別家の待遇を許される。大川町淀屋小路に移転。

1811文化8

清二郎改名馬之助、平野屋孫兵衛に奉公する(11歳)。

1819文政1

父死去により、馬之助元服し、平野屋武兵衛と改名し家督を相続する(18歳)

この前後、野河流地歌三味線を津山検校に、儒学を淀屋小路の関敬蔵に習う。

1830天保1

播磨屋七郎兵衛娘すずと結婚(1835没)。この頃廃学。

1831天保2

伊勢に参詣。

1834天保5

長男午之助生まれる。

1837天保8

はじめて「浪花素人歌三弦名集」に登場する。

1839天保10

鹿島屋卯之松姉蓮と結婚する。これ以降2男3女出生。

1844弘化1

大川町で酒造業を行い、「黄金水」発売。

1846弘化3

長男午之助とともに肥前鹿島藩に商用旅行する。

閏5月6日旅行中瑜伽山に参詣
閏5月8日金毘羅に参詣
閏5月21日鹿島到着
6月14日長崎見物

1851嘉永4

天満老松町に家屋敷を購入して転居(51歳)。長男午之助元服して駿七と改名。

1853嘉永6

本家から正式に別家2代目を命じられる。妻蓮没。

1854安政1

天野屋丸山庄蔵姉絹(後きた)と結婚。

1859安政6

白粉製造仲間に加入。

1860万延1

孫福太郎出生。吉崎に旅行。

1861文久1

山中温泉に逗留。

1864元治1

白粉製造開始。この年より日記が多く残る。

4月12日写真を撮る
5月21日内山彦次郎暗殺
1865慶応元
1867慶応3 12月27日年の締めくくりの感慨 
1868明治元 1月10日幕府方敗走後の大坂城を探険する

1869明治2

本家没落。

1871明治4

隠居して喜太郎と改名。質屋開業。

1872明治5

喜太郎、汽車で善光寺から東京に旅行。

1879明治12

喜太郎没。